長編みの立ち上がりをきれいに編むなら…CSDC!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まちだあきです。

編み物本では、長編みの段の立ち上がりには、鎖編み3目を編むよう指示されます。(図の赤い部分)

だけど立ち上がりって、長編みから浮いちゃって、きれいに見えないんですよね…。

こんなふうに、よれっとしちゃうことが多いと思います。

…かっこ悪い。

この解決方法として、海外パターンでは”CSDC”という編み方が使われるようです。

CSDCとは?

以前編んだLorelaiにも、編んでいる最中のAlyaにも、CSDCという編み記号が出てきます。

どういうものかかいつまんで説明すると、

  • Chainless Starting Double Crochet の略。
    つまり、鎖編みなしで長編みの立ち上がりを編む方法
  • 鎖編み3目で代用してよい
  • CSDCはDC=長編み1目として数える

という感じ。

CSDCの編み方

言葉で説明しづらいんですけど、

鎖編み1目を長く引き出してから、ぐるっとねじるようにして糸を引っ掛け、長編みのように編むというか…

こちらの動画が分かりやすいです。

写真で見たい方はこちらのリンクをどうぞ。英文ページですが、写真が大きくて分かりやすいです。動画もあり。

http://www.mooglyblog.com/chainless-starting-double-crochet/

編み比べてみた

1枚目の写真が立ち上がりにCSDCを使ってみたもの。2枚目が鎖編み3目で立ち上がり。

鎖編みの立ち上がりで気になっていたヨレヨレ感・スカスカ感が和らいで、断然CSDCの方がきれい!

きちんと幅と厚みのあるように見えます。

ここぞという時に使ってみるのもいいかもしれません。

***

1週間ほど前から左手が傷むので、
編みものはしばらくのんびりペースで進行中です。

でも、ちょっとしたことでもブログを更新していきたいなと思っています。

では。
まちだ あきでした。

*********

ランキングに登録しています。にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへにほんブログ村

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*